2007.05.05 続・蟇沼用水を訪ねる(その1)




前回が雨天中の調査で市街区域での身動きが厳しかったので、日を改めての再トライです。実は前回も大田原市街地以南まで追いかけているのですが、「ホントにこれでいいの?」 的な結論だったのでR4以南はカットしちゃったのです。




さて西那須野運動公園である。位置は西那須野市街地北端、R4と東北本線のちょうど中間付近にあたる。微妙にマイナーな立地なので筆者的には目の前を通り過ぎるだけで入ったことがなかった。・・・でも一歩足を踏み入れると、結構お金をかけてちゃんと整備されているのである。なんと温水プールまであるのか・・・(^^;)




蟇沼用水は運動公園の裏手側を流れていくが、その一部は公園内に引き込まれていた。




いわゆるひとつの市民の憩いの空間の演出に使われているのである。引き込まれた流れは緩やかで水深も10cmくらいしかないため小さな子供を遊ばせるにはちょうど良いかもしれない。公園内をぐるりと回った後、水はふたたび用水に戻されていた。




これは用水がもどってきたところ。公共施設なので律儀に水を戻してはいるけれど、この付近では農業用水の需要は減っており、用水はむしろ余り気味にさえ思える。西那須野駅周辺は市街化が進み水田そのものが少なくなっているのである。

しかもJR線付近になってくると地下水水位が割と浅くなってくるので井戸水をくみ上げる農家が増えてくる。蟇沼用水を使うには水利権も必要で、それには水路の維持管理(清掃とか補修とかの共同作業)の義務も伴うので、いまどきの兼業農家のヤンキー?な跡継ぎなどは敬遠するかもしれない・・・と思ってみたりもする。じっさいのところ、どうなんだろう?




やがて新幹線が見えてきた。




新幹線、東北本線(宇都宮線)の下をくぐる蟇沼用水。




新幹線から数百m下って高柳付近の分水口。かなり大型の分水路があったようだが、現在はコンクリートで塗り固められて使われていない。付近はすっかり宅地になってしまっている。




線路から1kmほど下ると乃木神社があり、蟇沼用水はこの境内(鳥居下)を通過している。さすがに神社の境内は100年以上前のこの付近の原生林の面影を残している。神社は大正年間の建立だが、ここはもともと乃木将軍の邸宅の裏山だったところだ。乃木将軍は都合4回職を辞し、この地に引きこもってのんびりと(?)農作業に従事していたらしい。




神社境内ではこの用水を御洗川と称しているが、市の案内板は蟇沼用水で統一してある。那須塩原市では割とこういう文化遺産を保全しようという地道な活動に予算を割いており、合併して新市名になってから2年間で案内板の設置・改修などは随分進んだように思う。(基本的に新興の開墾地で大田原ほど神社仏閣に恵まれない反動かもしれないけれど・・・まあそこはそれで ^^;)




水の一部は別邸内の静沼に引き込まれている。静沼は乃木将軍の静子夫人にちなんで名づけられたものだ。




乃木神社の敷地内には、乃木清水と呼ばれる湧き水がある。4~5月(つまり今頃)は渇水期にあたり水位が低いといわれるが、地表からおよそ2m掘ったあたりで湧出しており、那須野ヶ原も南部にくると水が豊かになってくる証左のひとつといえそうだ。




乃木神社を過ぎて原街道と塩原道の分岐点。大きな水門があるが、これは昭和15年につくられた排水路で、蟇沼用水は写真右側にむかって流れるのが本流(この付近では道路の左右を流れている)である。上流にくらべて随分水量が増えたようにみえるが、乃木清水の水脈から湧出してきた分もドーピングされているのかもしれない。




さて水門前のY字路には石林の道標がある。建立は正保二年(1645)といわれ、大乗妙典(法華経)六十六部・・・とあるのはこれを建立したのが心誉禅空という旅の行者だったためらしい。大乗妙典を諸国の寺に納めながら廻国するのは俗に高野聖(こうやひじり)と言われた連中で、司馬遼太郎などにいわせるとかなりいかがわしい行者もまざっていたらしいが、心誉禅空なる行者の素性についてはよくわからない。

道標は要するに標識を兼ねた教団の広告であろう。それはともかく、標識部分には 「なすみち」 「志をばら(塩原)みち」 と書いてある。「なすみち」 は黒磯方面にむかう原街道、「志をばらみち」 とは蟇沼用水に沿った街道筋ということだろうか。用水沿いに折戸あたりまで上れば、そこから塩原渓谷の入り口=関谷宿まではわずか3km、街道として無理なく繋がりそうに思える。




石林付近には玉石積みの水路がおよそ1kmにわたって残っている。いつのまにか案内板が整備されていた(^^;) 「那須野ヶ原で最も古い水路のひとつである蟇沼用水のせせらぎがやさしく包む石林地区は、日本人の持つふるさとの原風景を思い出させてくれます」 ・・・などと粋なことが書いてあったりする。



水路沿いにイイカンジの花が咲いていたので一枚ヽ(´ー`)ノ こういう道や水路を追いかけるネタだと説明写真ばかりになってしまうので、たまには綺麗どころもいれておこう・・・




さてそうやって水路を下ってきたのだが・・・大田原市に入るといきなり水路は暗渠になってしまっ
た(´д`)。 写真は紫塚小学校入り口付近。市街化区域では用水堀の扱いは非常にぞんざいな印象を受けるなぁ。




ここで西那須野~大田原市街入り口までの状況をまとめると↑こんなふうになる。ほぼ平行して走る蛇尾川が水無し川なのに、よく大田原まで水を到達させたなぁ・・・というのが正直なところだ。




暗渠のコンクリート蓋の列を追って大高前通りを渡ると・・・




ホテルかめだや付近で大田原警察署方面(右奥)と日赤病院方面(左)に分岐した。大田原城まで引かれた・・・というのだから、城山に近いほうということで左の水路を追いかけてみよう。

<つづく>