2007.04.29 そろそろ新緑の那須(その1)




そういえば那須町方面にご無沙汰だったのでちょっと流して参りましたヽ(´ー`)ノ




どうやら世の中は新緑の季節になりつつあるらしい。この季節、一応観光地である那須周辺は主に首都圏から押し寄せる観光客で素敵な渋滞に見舞われる。特に日が高くなってから那須街道やR400を突っ込むのは自殺行為みたいなもので、地元の人間はそういうところには近づかない。




では地元民はせっかくの連休なのに自宅に引きこもってヤドカリみたいな生活(!!)をしているのかといえば、そうでもないのである。観光客の来ない地味なコースで、まったり、ゆったりと新緑を眺めていたりする。




最近聞いた説によれば、ミーハーな観光客は自分の意思で何かテーマを決めて旅行に行くのではなく、TV番組や旅行雑誌などで見た内容を 「追体験したいだけ」 というのが多いらしい。旅行番組で特集された観光地に翌日以降ドカンと来客が増えるにはそういう習性によるものらしく、皆同じところを目指すものだから混雑が増す一方なのだという。(※それが良いか悪いかは当人が楽しければ他人があれこれ口を挟むようなことではない ^^;)

それは裏返せば "巻き込まれたくない人はマイナースポットに行けばよい"  ということで、こんな日は小スポットをハシゴするのに限るのである。




■明治の森:黒磯




さてそんな訳で、比較的混雑がすくなくお金もかからない場所その1として、道の駅 明治の森:黒磯にやってきた。ここは菜の花畑の撮影スポットとして毎年訪れているところである。先週通りかかったときはまだ早いかな…と思っていたが、そろそろイイカンジに咲いてきている。




ところで本日は↑こいつの試し撮りも兼ねたドライブなのである。SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM 。標準ズーム(18-70mm)より広角側にアイテムが欲しいな~と思っていたところに比較的安価に登場したので購入してみたレンズである。広角のくせに暗いのがやや難点(^^;)なのだが、どうせ屋外でしか使わないのでその辺はすっぱりと割り切っている。




さてその 10-20mm を装着して広角一杯で撮ってみた。さすがに10mmともなると広い。広角の特徴としてアオリを入れると強烈なパース感が出ている。



花のひとつに思い切り寄ってみた。広角らしい 「ぐわ~~~~ん感」 が出ている。ピントに関しては、F10まで絞っているけれどさすがにこういう撮り方では1パンフォーカスとまではいかない(まあこんなもの?)。

いろいろ撮ってみたけれど、全体の印象としては、「効果としては面白いけれど使いこなすまでがちょっと難しいレンズ」 …といったところかな(^^;) 常用というよりは 「ここぞ」 というときに投入すべきリーサルウェポンと考えたほうがよさそうだ。




同じ被写体を70-300mmで撮ってみた。慣れの問題もあるだろうけれど、使用感からすると広角よりは望遠のほうが使用頻度が高そうな気がする。望遠は背景ぼかしetc・・・の効能以外に、もっと単純な問題=電線や看板など邪魔な周辺物をフレーム外に追い出す用途に使えるので活用頻度は結構高いのである。

一方、広角は邪魔なものまで含めて広く画面に取り込んでしまうので、本当に広い景色 or 余計なものを入れてよいシチュエーションでないと使いにくい。まあ使い分けについてはおいおい考えていこう。




せっかくなので青木邸も入れて撮ってみる。菜の花って何にでも合う前景物だな・・・(^^;)




■那須横断道路(r30)から安愚楽牧場方面へ




さて菜の花のあとは板室街道を北上する。普段よりクルマは多いものの、渋滞はしていない。




戸田から那須横断道路に乗ると、こちらは混雑度が高かった。西那須野/塩原エリアと那須街道を結ぶ幹線道路なので、西那須野IC付近のレジャースポットとハシゴするクルマが抜けていくのである。写真は西岩崎の那須大橋。




しかし混雑も那須街道を過ぎてしまえば一気に解消・・・というか、そもそもクルマがあまり走っていない状況になる。そんな訳でマターリと定番スポットの安愚楽牧場から那須山塊を見通してみた。ちょうど雲がかかってきて日差しがなくなってきたのが残念。




記録的暖冬で残雪具合が心配だったが、4月に入ってから降雪があったこともあり、結局は例年通りの残雪状況といってよいだろう。




300mmで画面一杯に朝日岳を捉えてみた。距離にしておよそ10km・・・空気状態がよければもうすこし明瞭に見えるのだけれど、今日はコントラストがいまいちかな。




戯れに上記写真をPhotoshopでRGBチャンネル別にカブリ除去してみた(まるで作ったような色合いなのはご愛嬌 ^^;)。10km離れていても峠の茶屋、ロープウェイ駅、大丸温泉街などははっきり捉えられる。望遠レンズというのはナニゲに凄いな。




もう少しアップにしてみると、ロープウェーの駐車場が上段、下段ともクルマで満杯になっているのがみえた。さすがにカメラ上で気軽に確認する訳にはいかないが、ここまで見えるのにはちょっと感動した。


<つづく>