2006.11.26 韓国:水原(その1)




仕事案件で韓国:水原(スウォン)に行って参りました。



さて仕事案件は書かない方針の本サイトだが、現地休暇が1日だけとれたので今回はそこを中心に書いてみたい。行先は韓国の水原である。

水原はソウルの南30km程のところにある古都で、李氏朝鮮時代の城郭 「華城」 がある。最近ユネスコの世界遺産に登録されたらしく、さかんに広報活動が行われている。本レポートのハイライトもその華城になる。



 

■ 水原への道




さて韓国へのフライトは羽田を起点とすると九州へ行くのと感覚的にはほとんど差がない。時間的には2時間ほどである。 筆者的にはできれば近づきたくない魔の半島(※)なのだが、仕事なのでそうも言っていられない。

ちなみに今回の韓国入りはトラブル案件の解決が目的で、筆者はストレスMAXで書いている。いくらか解説すると、韓国では契約という概念が希薄でゴネ得できるものは徹底的にゴネて奪い取れという文化的な素地があり、にかく物事が素直に進まない。 偉い人同士の話はトントン拍子で進んでも、現場では不毛な消耗戦になりやすく、その消耗戦の後始末に筆者は現地入りした訳だ。

・・・とはいえ、ここでは仕事内容ではなく風景主体で書いていこう。業務案件は守秘義務もあることだしね。




さてソウルが近づくと、韓国特有の高層住宅群がみえてくる。これを見ただけで韓国と日本の美意識の違いが見て取れる。同じ規格の建物がずらりと並んで一斉に立つのが韓国風だ。日本の市街地では何か特徴をつけて自分の建屋は他と違う、という主張をしてごちゃごちゃとランダム感がでる。どちらが良いかというものではないけれど、お国柄がよくわかる風景だ。




さて空港からタクシーで水原に入った頃にはすっかり日が暮れていた。見れば日本と同じように晩秋の銀杏が黄色く色づいている。平地の紅葉のピークは2週間ほど前に過ぎたといい、もう冬は目前といったところだった。




ホテルの近くにコンビニを見つけたので入ってみると、まるでグリコのポッキーみたいなお菓子が売っている。箱にはLOTTEと書いてある。このLOTTEは日本でも菓子事業を展開しているが本拠地は韓国で、日本では意匠デザイン的にパクリ認定されてしまいそうな銘柄を堂々と売っている。

ちなみに韓国では日本の菓子類というのはまず見かけない。外見も味もそっくりな、しかし微妙に何かが違う銘柄が、韓国メーカーによって作られている。こういう 「仁義としてはどうよ」 というビジネスが韓国ではとても多い。とはいえ筆者は菓子業界の住人ではないのでここはスルーだ。とりあえず今日はこれを食って寝よう。




■2日目以降




さてここは旅と写真のサイトなので、SF小説のような荒唐無稽の展開 (…まあ、韓国だし) をたどっている仕事の話は省略する。

そんな訳でブテチゲのアップを撮ってみる。筆者はてっきりブテチゲとは豚チゲだと思っていたのだが、現地の人によると 「語源は軍隊チゲですよ」 ということらしい。もともと唐辛子入りの韓国風ごった煮=チゲに、朝鮮戦争当時の米軍がソーセージやハムを持ち込んで加えたことから 「軍隊チゲ」 の名で広まったらしい。

ブテチゲは韓国では非常にポピュラーなメニューで、たいていどこの食堂に行っても食べられる。慣れれば旨いものだが、最初はトウガラシの分量にたじろぐ人もいるかもしれない。




そして韓国といえば焼肉。この厚切りベーコンみたいな奴は脂と霜降りと赤みが3層になっているちょっと高級な銘柄の肉らしい。岩塩とニンニクとキムチを載せてサンチュでぐるぐる巻きにして食べると実に旨い。食後しばらくはゴジラの吐く放射能のようにニンニク臭が漂うのだが、まあ細かいことを気にしてはいけない。




スープ系としてはカルビタンも良いがソロンタンも旨い。牛骨スープのベースは意外に淡い味わいで、岩塩またはコチジャンを適度に混ぜてセルフ味付けをして食べる。岩塩であっさり目で味をつけたほうが日本人には合っているように思える。筆者的には隠れたヒットメニューである。




そしてビビンバ。韓国の食事は基本的に 「混ぜる文化」 と言われる。日本人は口内調味といって白米+おかずを別々に口に放り込んで口の中でちょうどよい味具合にする食べ方を好むが、韓国では最初から混ぜてしまうことが多い。ビビンバは文字通り 「かきまぜる」 という意味になる。生よりは石焼のほうがイケてるような気がする。

…ところで 「なんで食い物の写真ばかりなのだ?」 とツッコミがありそうだが、遊びに来ているわけではないので食い物くらいしか撮るものがないのである。




ところで韓国ではなにか注文するとおまけで 「これでもか」 とサイドメニューが出てくる。現地の人曰く 「吉野家ビジネスは成り立たない」 のだそうで、どういうことかと聞いてみると 「日本の吉野家は オシンコ とか サラダ とかにお金を取るでしょ、そんなのここでは受け入れられないネ」 というのである。

つまり彼らにとっては、何か食事を注文すると無限におまけのサイドメニューが付いてくるのが当たり前で、それに代価を支払うという発想は無い。これでよく店の経営が成り立つな…と不思議で仕方がないのだが、おそらくは全部込み込みで値段が設定されており、ともかくそういう文化で世の中が回っているのだろう。




目下のところ筆者が巻き込まれているトラブル(詳細は書かないよ!)も、この思想の延長線上にあると思えばたしかにそうなのであった。

この感覚について正しく理解していないと、日本人はエライ目に合う。韓国ではあらゆる取引がこの要領で処理されるからだ。一つの契約がまとまったように見えても後から追加要求がいくつも上がってきて、それを全部タダでやれ、という展開が待っている。オマケを要求するのは当然、それに対価を支払わないのも当然。最終的には怒鳴りあいで声の大きいほうが勝ち、紳士的な話し合いで決着がつくことはない。 だからこの国のビジネスに関わるとみな精神を病んでいく。

それに対応するには、「契約は守られるもの」 という前提で書かれた欧米のビジネス書など何の役にも立たない。コミックスの 「魁!男塾」 でも読んだほうが実用に即した教訓が得られるだろう(冗談ではなく本当だぞ!)。




さて食い物意外で目に付くものとすれば、TVで延々流れている日本アニメだろうか。不思議なことに実写ドラマで日本産のものはついに一本も見なかった。これには理由があって、韓国では日本文化を法令で禁止しており、とくにTV放送で日本のコンテンツは流れないのである。

これが緩和されたのはごく近年で、マンガが一番先行して1998年、日本語歌詞のCDや映画の解禁はなんと2004年(2年前)なのであった。TVドラマに至っては現在も禁止のままである。




それにしても、2泊3日の予定で韓国入りしたのだが・・・・仕事状況はかなりグダグダ感が漂い、こんな状態が2週間も続いてしまった。花鳥風月どころかすっかり拉致監禁ではないか。

ああ神様、私はいつまでここで苦行を続ければ良いのでしょう?


<つづく>