2006.05.21 PL実験(その1)




曇り or 雨のぐずついた天候が続く中、奇跡的に1日だけピンポイント的に快晴の日曜日!




・・・しかし、さあ出かけるぞ、と勇んだのもつかの間。

今日は地元自治会主催の運動会なのであった…_| ̄|○ ご近所と共同で出場することになっていたのでドロンと消えるわけにもいかず、早朝からの那須方面攻めは断念(爆)




ようやく自由に動けるようになったのは午後。・・・でも快晴の日曜日、この時間に那須街道にチャレンジするのは自殺行為なので、ちょっとした実験をするに留めることにした。




土手ではタンポポの季節は去り、ヒメジョオンでうめつくされている。これはこれで可憐な花なのである。しかし今回のお目当ては、土手の花ではなく水面の方だ。




で、何の実験をするのかとかというと、PLフィルタの効用を撮影しておこうという他愛の無いものである。沖縄の海で海面反射に悩まされた経験から、PLフィルタφ57mmを買ったのでそのデビュー戦というわけだ。

そんな次第でまずはPLなし↑での水面写真を撮ってみる。水面反射が強く、ほとんど真っ白になっている。




これがPLを効かせるとこうなるのである。…うーん、これがあれば沖縄の海ももう少し綺麗に撮れたのになぁ( ̄▽ ̄;)

ちなみに筆者はPLフィルタは銀塩時代から使ってはいたけれど、主力がコンパクトデジカメになってからはしばらく遠ざかっていた。コンパクトデジカメにはフィルタを装着するネジ山がないので、そもそもフィルターワークには向かないと考えていたからだ。

…でもまあ、これから少しずつまた揃えていってみよう。




さて田んぼでおしまいでは悲しいので、そのまま那珂川に出てみた。




むこうに見えるのは晩翠橋。さてPLを効かせて撮るとどうなるだろう。




やや逆光気味なので劇的な変化・・・という訳でもないが、一応違いは確認できる。このシチュエーションだとフィルタは無しで水面反射を生かしたほうが絵になりそうだ。このデータはあとで 「写真を撮ろう」 のコーナーにでも流用してみようかな。

※補足:そう言いながら6年間も放置して、2012年になってから 「写真紀行の奨め」 という別コーナーを作ったのは内緒である(爆)

<完>