2006.04.30 板室




沖縄で散財してきたのでお金をかけずに市内をマターリと流してきましたヽ(´ー`)ノ




さて南の島から戻ると季節の感覚が狂ってしまいそうだが(^^;)、とりあえず近所を流してみることにする。とくに目的があるわけではなくそぞろ歩き程度に板室温泉を目指してみよう。




那須はそろそろ田植えの頃だ。亜熱帯性植物である稲にとって本来田植えの適期というのは6月初旬の梅雨前頃にあたるそうなのだが、兼業農家の多い栃木県北部に於いてはそれでは都合が悪く、GWに済ませてしまうところが殆どである。




牧草地には、紛れ込んで繁茂する菜の花が良い具合に混ざって咲いている。南関東あたりでは早春の3月頃を象徴するような花ということになるらしいが、那須では4月~5月の最盛期となり、筆者は菜の花と言えばGW頃の風景を思い起こす。首都圏から来た人にとっては、大雑把に言って菜の花については遅れ気味、田植えについてはフライング気味に見えることだろう。




で、本日は板室に向かうのだけれど今日は空気の状態がいまひとつだなぁ



 

■深山ダム




気分転換に、温泉地に行く前に深山ダムに登ってみることにする。桜前線は木の又地蔵あたりまで達しているがまだダムまではとどかない。




そのまま矢沢渓谷沿いの一本道を登っていくと・・・




深山ダムに至る。雪を頂いているのは三倉山~大倉山~流石山と連続する山塊だ。
ここまで近づくと視界はたしかに通るが、やはり雲がおおいなぁ。




「深山湖」 と書いてある標識もずいぶん風化が進んでいる。そろそろ補修しないと読めなくなりそうだな。



■板室温泉




さてダムから降りて目的地である板室温泉にやってきた。ここではちょうど桜が満開となっていた。




共同浴場脇の八重桜もいいかんじに咲いている。一般に八重桜はソメイヨシノ、ヤマザクラにくらべて開花が遅いといわれているが、板室付近ではほぼ同時に咲く。 山里ならではの季節感かな。




温泉街では鯉幟がズラリと並んで壮観な景色となっていた。



ここでは渓流沿いに鯉のぼりを揚げるのが最近の通例になっている。まだ新しく色彩も鮮やかで、とにかく写真映えする。とりあえずこれを見たことで本日は満足することにしよう。



■おまけ




帰路、温泉街を流れる那珂川の流れを眺めてみた。のんびりと釣りをしているカップルがいる。




この水がとにかく綺麗なのである。これなら沖縄の海にも負けないくらいだろう。


<完>