2006.02.25 奥日光で樹氷を見る (その1)




やっぱり冬は日光だろう、とあまり深く考えずに行って参りましたヽ(´ー`)ノ



雪の季節、奥日光は湯ノ湖から先は通行止めになってしまうが中禅寺湖~戦場ヶ原あたりまでは問題なく登っていける。そんな訳で雪景色を眺めてみよう。




今回はヒット&アウェイ式に高速道路経由で移動した。東北自動車道を南下し日光宇都宮道路を終点まで一気に進むと、わずか40分たらずで日光に至る。写真は今市市付近から見た女峰山。雪を頂いていい感じになっている。




冬景色を撮るならば本来は2月初旬くらいが一番良い。しかし怠惰な日常を送っているうちに、気が付けばもう2月も末になってしまった。3月に入ると春霞で視界が利かなくなってくる。冬山写真を撮るならいまのうちだろう。




日光道路の最終地点=清滝ICを降りて、いろは坂入り口付近にやってきた。男体山はちょいと雲隠れ状態。雲待ちでしばらく待機してみたけれど、同じ高さのところで次から次へと雲が流れてくるので根負け(^^;)して先を急ぐことにした。




いろは坂に入ってしばらく進んでいくと黒髪平に到達する。




ここからはくねくねと曲がるいろは坂を眺望できる。日光市街地はここからはちょっと見えないかな。




山側を見ると、木々がすっかり白くなっていた。雪とはちょっと様相が違う。




枝の先に白い花が咲いたようにも見える。実はこれは樹氷である。夜間水蒸気が枝に当たって凍ったものだ。日が昇ってきたせいか微妙に解け始めていて、風が吹くたびに枝からパラパラと落ちてくる。黒髪平付近を境界にして、そこから上が樹氷による白い世界になっていた。



 

■中禅寺湖畔




いろは坂を登りきって奥日光市街地に到達。男体山の木々も真っ白になっている。




鳥居と男体山のツーショットヽ(´ー`)ノ




こちらは鳥居の反対側に広がる中禅寺湖。対岸もすっかり白一色に染まっている。雪がドカっと積もるより、こういう状態になるほうが実は寒さは厳しかったりする。


<つづく>