【大山寺(530m)】


【データの見方】
近傍のアメダス観測点の気温から標高換算で現地の最低気温の推移(推定)を表示しています。大雑把に言って最低気温が8℃のラインを下回ると色づきが始まり、5℃を下回ると一気に紅葉すると言われます。紅葉のトリガー気温は樹種によって異なりますが、ここでは楓(かえで=もみじ)を基準に8℃-5℃ラインとの比較をしています。
最終更新日:2024/02/20



※低温日の累積表示は9/1から行います

真言宗の古刹です。かつては阿夫利神社と一体化していましたがが明治の神仏分離で現在の位置に移動しています。 明治は神道の時代なので神社が尾根の高い所、仏寺の方が一段低い谷間に置かれたようです。 ただし紅葉を見るには高ければ良いというわけではなく、台風の当たり年には吹きさらしの尾根付近は葉が落とされてボロボロに なってしまう一方、谷間の木々は綺麗な状態で残りやすい傾向があります。 本堂周辺のカエデがふさふさした枝ぶりを示しているのはそういう理由もありそうです。




過去の実績データ


昨年までの気温変動実績です。紅葉狩りの予定を立てる際の参考にどうぞ。
【2023】
【2022】



【2021】
【2020】





※データ参照先は気象庁ウェブサイトの統計情報です。